印章の総合商社
Home
 
 
 
 

製造工程

スタンプ製版プロセス

 APR 製版機    ミニ システム
版下・ネガ作成は暗室いらず、ワープロ感覚で行える「APシート」におまかせください。
感光性樹脂製版プロセス
露光装置のガラス板の上に、ネガフィルム、カバーフィルム
の順にセットし上側ガラス板で押さえます。
バック露光で、まずバック析出層を形成。次にレリーフ露光
すると均一でシャープなレリーフ(画線)部ができあがります。
ウォッシュアウト液で、未硬化樹脂を洗浄。
温風で乾燥後、小さな網点や細かい線などを確実に硬化させ
るため後露光を行います。
台木をとりつけて完成です。
 


ワンポイントアドバイス

版品質に関する異常の原因と対策   
現象 推定原因 対策
形成不良 ネガフィルム  
  折れ、キズ ネガフィルムを交換してください
樹脂とゴミの付着 フィルムクリーナーでフィルムの両面を拭いてください。
修正面が悪い オペークやマジックで修正する。
修正は表面側に行う。
カバーフィルム  
  しわ カバーフィルムのしごきを十分に行ってください
キズになっているのは交換してください。
汚れ 交換してください。
ベースフィルム  
  折れ、キズ 平らできれいなものを使ってください。
樹脂の付着 フィルムクリーナーで拭いてください。
洗浄  
  版の表面に
樹脂が残る
洗浄液がよく攪拌されていない。
洗浄液を正しく作り直す。
洗浄液がブラシよりも量が少ない。
ガラス  
  ガラスの表面が
汚れている
ガラスクリーナーで拭き取る。
中性洗剤をつけて洗っても良い。


    

  
 
  Copyright(C) 2009 Asahi photo Microware Co.Ltd All Right Reserved